松江暮らし

松江で暮らす人の書くブログです

ゴローズのスプーン

中学生の時から憧れて、専門入って初めて買ったゴローズがスプーン。


専門帰りにゴローズに初めて並んで、初回で買えた嬉しさは忘れられない。


2002年のこと。

 

あの時は並びが少なくて、夕方から並んでも2組目くらいで入れました。
店員さんもみんな優しかった。 「スプーンをください」って言った相手はルイさん。
それ以来何回も並んだけど、平打ちブレスもチェーンも革ブレスもたまたま全部ルイさんでした。

 

もうずっと並んでないけど、またいつか並びたい。

いつかね。

今でもたまーにつけてます。

f:id:scisscin:20190202231154j:image

 

やっぱりいつ見ても飽きることなくかっこいいね。

東朝日町の燕京

ずっと行きたかったんです。

 

ずっとここのラーメンが食べたかったんです。

 

 

しばらくぶりでした。

f:id:scisscin:20190130003133j:plain

 

燕京のラーメン(半チャーハンセット)です。

 

 

なんとも言えない、素朴な味がするんですよねえ。

 

一口食べると、「これこれ、こういうのがいいんだよ」と脳内でずっと反芻してしまいます。

チャーハンの味付けも絶妙です。

 

 

大げさなことは何一つしていない、ラーメンとチャーハンですが、僕はここの店のこの味が大好きです。

 

燕京、内装もいいんですよね。

中華料理屋さんだなあ、って感じで。

結構複雑な形をしてるライトなんかでも、ホコリひとつなく清潔にされていて。

 

BGMも控えめな音量で、本当に心地よい店です。

 

今度は日をおかずに再訪したいと思います。

 

 

どうでもいいけど、「再訪」って言葉を使うと途端に食べログっぽくなりますねw

松江大橋の散歩と遠出

先日、松江大橋に散歩に行きました。

わずかな時間でしたが、とてもリラックスできました。

 

大橋川の川底なんて初めて見ました。

今までそこに着目することがなかったんですよね。

子供の頃以来な気がします、川底を見るの。

f:id:scisscin:20181025011147j:plain

 

本当に1時間もいなかったんですけど、でもそれでも本当にくつろげる時間で、こういう時間って大切なんだなって思いました。

f:id:scisscin:20181025011228j:plain

 

近場もいいんですけど、最近は遠出したいんですよね。

どこでもいいのでカメラ持って出かけたい、そんな気分です。

土曜の夜は

チョッピーノで過ごすことが多い気がします。

f:id:scisscin:20181014003607j:image

 

なんでか土曜日なんですよね。

金曜でも日曜でもなく、土曜。

そういうサイクルがあるのでしょう。

 

今日もおきまりのメニューを頼んで、リラックスしてトーク

気のおけないメンツで、中身の薄い会話を楽しむのです。

 

帰り道は雨が上がっていました。

f:id:scisscin:20181014003723j:image

 

早めにスタートしたので、終わるのも早かったです。

 

こういうサクッと具合がたまりませんね。

 

明日も頑張ります。

 

 

f:id:scisscin:20181014003821j:image

夜の雲がとても綺麗でした。

なかなか移籍できない

タイトルの通りなのですが、なかなか移籍できません。

 

FIFA18の話なんですけどね。

オリジナルの選手を作って、清水エスパルスでキャリアをスタートし、ぶっちぎりの得点王に輝きチェルシーに移籍。

プレミアで二位に84点差をつけてダントツの得点王なのですが、未だバルサに移籍できず。

なんならバロンドールも取れず日本代表にも選ばれません。

 

何かルールがあるのでしょうか。

 

毎日1試合とか2試合ずつ、コツコツと取り組んでいるのですが、毎日まだかまだかと待っています。

 

早くリーガに行きたいなあ。

 

そんなことを考えながら、ゲームに熱中する僕に対する妻の冷たい視線に耐えつつ、今日もピッチに立つのです。

 

 

 

そんなこんなで我が家のSwitchはほぼ僕のFIFA専用機として機能しています。

たまに妻とのマリオカート対決。

 

 

そういやマリオテニス買ったけどほとんどやってないな。

次の休みにやろう。

 

 

ジョイコンもせっかくもう1セット買ったのに、まだ4人プレイやってません。

誰か家に呼ばなきゃ。

 

 

ピザ食べてビール飲んでSwitch。

最近はそんな穏やかな楽しみを持ちつつ暮らしています。