松江暮らし

松江で暮らす人の書くブログです

松江大橋の散歩と遠出

先日、松江大橋に散歩に行きました。

わずかな時間でしたが、とてもリラックスできました。

 

大橋川の川底なんて初めて見ました。

今までそこに着目することがなかったんですよね。

子供の頃以来な気がします、川底を見るの。

f:id:scisscin:20181025011147j:plain

 

本当に1時間もいなかったんですけど、でもそれでも本当にくつろげる時間で、こういう時間って大切なんだなって思いました。

f:id:scisscin:20181025011228j:plain

 

近場もいいんですけど、最近は遠出したいんですよね。

どこでもいいのでカメラ持って出かけたい、そんな気分です。

土曜の夜は

チョッピーノで過ごすことが多い気がします。

f:id:scisscin:20181014003607j:image

 

なんでか土曜日なんですよね。

金曜でも日曜でもなく、土曜。

そういうサイクルがあるのでしょう。

 

今日もおきまりのメニューを頼んで、リラックスしてトーク

気のおけないメンツで、中身の薄い会話を楽しむのです。

 

帰り道は雨が上がっていました。

f:id:scisscin:20181014003723j:image

 

早めにスタートしたので、終わるのも早かったです。

 

こういうサクッと具合がたまりませんね。

 

明日も頑張ります。

 

 

f:id:scisscin:20181014003821j:image

夜の雲がとても綺麗でした。

なかなか移籍できない

タイトルの通りなのですが、なかなか移籍できません。

 

FIFA18の話なんですけどね。

オリジナルの選手を作って、清水エスパルスでキャリアをスタートし、ぶっちぎりの得点王に輝きチェルシーに移籍。

プレミアで二位に84点差をつけてダントツの得点王なのですが、未だバルサに移籍できず。

なんならバロンドールも取れず日本代表にも選ばれません。

 

何かルールがあるのでしょうか。

 

毎日1試合とか2試合ずつ、コツコツと取り組んでいるのですが、毎日まだかまだかと待っています。

 

早くリーガに行きたいなあ。

 

そんなことを考えながら、ゲームに熱中する僕に対する妻の冷たい視線に耐えつつ、今日もピッチに立つのです。

 

 

 

そんなこんなで我が家のSwitchはほぼ僕のFIFA専用機として機能しています。

たまに妻とのマリオカート対決。

 

 

そういやマリオテニス買ったけどほとんどやってないな。

次の休みにやろう。

 

 

ジョイコンもせっかくもう1セット買ったのに、まだ4人プレイやってません。

誰か家に呼ばなきゃ。

 

 

ピザ食べてビール飲んでSwitch。

最近はそんな穏やかな楽しみを持ちつつ暮らしています。

好きなブログを再発見して得した気分になった話

僕のfeedlyから完全に漏れていたのですが、shi3zさんのブログを久し振りに読みました。

やっぱ面白いですね。

自分とはまったく共通点がないのですが、単純にブログが面白くて漏れる前はずっと読んでました。

 

あのブログと「ぼくののうみそ」だけは昔のまで遡って全部読みました。

昔のまで遡るってそうそうないですもんね。

 

shi3zさんのブログを再発見したので、また楽しみができました。

こういう楽しみ、地味ですけどすごく大切です。

 

しかし、なんでfeedlyから漏れてたんだろう。

謎。

 

 

先日、久し振りにをっちゃんらーめんに行きました。

ここに来ると親戚のおじさんが好きなラーメンだったことを必ず思い出します。

f:id:scisscin:20181012004130j:image

 

あと、ちんすこうを初めて食べました。

f:id:scisscin:20181012004236j:image

 

食べ終えた袋ですが。

 

 

あと、これ美味しかった。

f:id:scisscin:20181012004345j:image

セブンのアイス。

「焦がしキャラメルもなか」です。

 

毎晩、妻とアイスを食べる活動をしています。

そして毎日違うものを食べて、「これは!」と思うものは異常な頻度でリピートします。

 

こうして見ると、食べ物の写真をめちゃくちゃ撮ってますね。

しかもiPhoneばっかり。

 

せっかくカメラ買ったのにまったく活躍してないので、もっとカメラで撮らなきゃなあと思いました。

多動力も読みました

そうそう、これも読んだんですよ。

f:id:scisscin:20181007234820p:image

 

ホリエモンの多動力。

正直ホリエモンの本って何冊も何冊も読んでいて、誰も言ってることは同じなんですよね。

一貫性のある人ですから。

 

でも、何回も何回も同じ話聞いてるとやっぱり血肉になるんでしょうね。

なんとなーく、ふとした瞬間にそう思う瞬間があります。

 

ただ、まるまる真似するととても危険な思想の持ち主ではあるので、そのあたりは上手に取り入れていかないといけませんね。

 

フォロワー(SNSでのことじゃなく)になってしまうのさえ自制できるのであれば、いい人物なんでしょうね。

 

新鮮味はなかったですが、いい本でした。